スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレイムコープス「あれの背中に乗って空を飛んだら気持ちよさそうじゃのう!」

赤黒リソリン

赤黒リソリンについてー。
なんかついったーで赤黒速攻が強くなるとか言うから本当にそうなのか試してみました。

まず、なんでこれで赤黒速攻が強くなるかっていうと多分フレイムコープスの存在があるから。
イェーガーはPSのゼクスのコストも下げるので1枚置けば6コストまで、2枚置けば8コストまでフレイムコープスで殴れば問答無用で倒せるようになる。
ついでにカグヤを入れておけばめくれた時強く、固められてもある程度突破しやすくなるというところでしょう。

そもそも速攻的には固められた時点で負けな気はしなくもないけど。

次にペンギンの効果。手札から3コスト以下のゼクスをコスト踏み倒して登場させられる。
主に持ってきたいカードはフレイムコープスとゴールドピーコク。こいつらのパワーは低く、2コスのゼクスにも破壊されるなのでついでに殺されるくらいなら手札に抱えておきたい。
限られたコストで戦う速攻にコスト踏み倒しは有難いのは確か。

そうしてこれらのカードを活かすためエヴォルシードでアリスとカグヤを入れ、ついでに速攻デッキのお友達ヒンデンブルクを入れる。こうすることによって赤黒速攻は強くなる!


さてここで確認。
4×7=28。誰でもできる計算。
つまり今挙げたフレイムコープス、ピーコク、リソリン2種、アリス、ヒンデンブルク、クイーンカグヤすべて4枚ずつ入れるとスタートカード考えてあと1枚しか空きがない。
まあ勿論ピーコク4投は考えにくいにしてもほかは4積みしたいカードばかり。
どこにそんな枠があるの?というところから話が始まります。
また、リソリンの採用によって2コスを減らす分当然速度は落ちる。ベイン着地前に決めるのが難しくなる。
なのでベインを突破するためのズィーガーは当然必要になる。

…というわけで枠が圧倒的に足りない。
今まで挙げた中でどれかを切ることになるけど、試しにアリスを外してみたら物凄くアリスが欲しいなぁという気持ちでいっぱいになった。
なぜかといえばフレイムコープスが無ければイェーガーが一切仕事をしないから。もっと言えば手札が無ければペンギンさえも仕事をしないから。
けどきっとカグヤを外せばイェーガーの仕事のしなさは同じだし、ピーコク外せばペンギンの仕事が減り、ヒンデンブルクを外せばまあリソリンは仕事するだろうけどそもそも速攻としての性能が落ち、ズィーガーを外せばベイン着地で詰み、リソリンの枚数を減らせば揃いづらくなり結局仕事をしない。
揃わなくても殴れば…と思っても速攻で5コス、6コスというのは使いづらいし、ペンギンはともかくイェーガーの9000はデスべを突破できないというのは致命的。やはり扱いは難しい。

まあリソリン決まった時は凄くインチキ臭い動きはするけどそもそもIGめくれればインチキ臭い動き出来る訳だしどうなんだろうという気分ですね。
2コスを大量に削って速度を落としてまでやりたいことかと言われるとそうでもない。
何より安定性落とす割にイェーガーの有り難みが少ないのが一番の問題。コープス引かなきゃなんの意味もない。
それよりは覇者激震槍で突破力挙げたほうがいいのでは?と思った。

結論として赤黒リソリンは赤黒速攻向けではないと俺は思った。
イェーガー置いてアスピディスケとか凄くやってみたいとは思うけどまあそれは別の話。
このリソリンを使った速攻が結果を出すまでは考えるつもりはないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。