FC2ブログ

天音杯レポ

思い立ったのでブログを書きます

天音杯の真面目なレポを書こうと思いました。

選出:刀騎塵
理由
サリヤと一緒に全国に行きたかったためそこから残り二柱を
考え、非常に強いデッキである刀騎に超初見殺しデッキである騎塵と刀塵を添える構え。
刀騎以外はプレイ難易度も低く思考リソースの温存も期待できる

一回戦
◯刀塵-銃薙(扇)
三船さんのアイコンの方ですよねと聞かれた。意外と色んな人に知られているなぁと思った記憶。
扇BANで相手は底力が受からないため勝てると判断。
構成
蝕みの塵、刈取り、円月、重圧、遺灰樹、影の翅、足捌き
残響装置、浦波嵐、底力

初手三宿しできないため重圧スタート。順当に相手にライフを取らせつつ変身して自分が決死になるまで終焉、来タレで遊びつつ底力タイミングを待って底力を当てて勝ち。

二回戦
●刀塵-忍傘(古)
確かベスト4の人
前日古忍傘は忍傘返すのが一番良さそうという結論に至った為忍傘返し。しかし対面研究が足りなかったのが仇となる

構成
蝕みの塵、刈取り、重圧、遺灰樹、影の翅、一閃、足捌き
残響装置、浦波嵐、底力

2マリガンから遺灰樹引いてしまったので初手三宿しから再構成。遺灰樹引けたので2ターン目に打ついいスタートを切る。再構成の分もあって少し多めにライフを削られ(確か5点)つつも変身。相手が5まで下がるので静寂を打ってライフ差を取り返すゲーム展開に。
忍傘が変身後も5で返してくることを知らなかったので底力チャンスが来ない。ライフ1対1までもつれ込んで最後は相手にトップしこみびされて負け。
ちゃんと忍傘と戦った経験があれば切り札に月影か虚偽を入れて勝ててたはずなので素直に反省

三回戦
◯刀騎-忍薙(刀)
非電研のホークと当たる。なぜなのか
刀騎以外が帰って来たら勝ちだし刀騎でも不利つかないので忍薙返し。相手は非電研なので一番弱い刀騎が返ってくる。知ってた

構成
柄打ち、一閃、斬、居合、Sheld Charge、Waving Edge、Stant
浦波嵐、月影落、Alpha Edge

速攻月影構築。これ以外は忍薙のリーサルに間に合わない。
1巡目適当にStantしてライフ受けしつつ斬とWEを当てて4T再構成から居合を当てる。返しに4オーラで返されてドローすると手札が柄斬一閃WEというミラクルハンドに。切り札まで全部振って音無込みの7点リーサルを取りに行くも消音衝の存在を忘れていたため音無と消音衝で1点残る。とりあえずターン返して死ななかったので再構成から居合を当てて勝ち。後輩の4-1の目を潰す悪い先輩になった

四回戦
◯騎塵-古書(戦)
前日に古戦書は古書返しが丸いと聞いたので古書を返す。帰ってきたのは騎塵。勝った(勝ったため)

構成
Steam Canon、Turbo Switch、Roaring、蝕みの塵、刈取り、円月、重圧
残響装置、Alpha Edge、Juria's Blackbox

くりすます会でやべーやつ認定を受けたガルーダ静寂ルート。
相手がダストを枯らそうと宿し纏いを繰り返すのでTSを構えずに2回目のRoからトランスフォーム。ガルーダから終焉の影を蘇らせる。
返しのお祈り引用を躱して万象を一回当ててから4デルタ終焉、静寂デルタで8間合いまで下がってレンジロックして勝ち
一回も帰ってこない説あったけど使えて良かった

五回戦
◯刀塵-銃騎(塵)
騎塵を見つけてしまった。塵ミラーにならなければ銃には負けないので塵BAN

構成
蝕みの塵、刈取り、円月、重圧、遺灰樹、一閃、足捌き
残響装置、浦波嵐、底力

一戦目で翅が腐ってたので変えてみた。重圧スタートするも相手が一切殴って来ずにひたすら前進される。相手がどんな動きをしようとこちらのやることは変わらないのでAP残しつつ適当に宿して浦波から変身。決死まで終焉で遊んで底力で勝ち。

結果は4-1、2回戦落としたのは非常に反省ポイントが高くデッキの完成度が高かっただけに悔しさもあるので次回に向けて精進します。

今後もふるよにについて書くかもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント