スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白1立たせてえんど!

白1コスイベントについてー。

白で1コストで打てるイベントは以下の8種類。

・尊大なる光壁
・リベンジフォース
・幻のシュート
・ケット・シーの市場
・天使の光撃
・シャイニングエンジェル
・ガーディアンハート
・コンフロントオーダー

この中で、
・尊大なる光壁
・リベンジフォース
・幻のシュート
・ガーディアンハート
・コンフロントオーダー

はだいたい似たような仕事をする。なのでこの5種類についてそれぞれ長所、短所を比較してどういうデッキに噛み合うのかを考えていこうと思う。

・尊大なる光壁
(★)自軍エリアのスクエアにある攻撃されているゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+3500する。

長所
増加幅が大きいためケア範囲が広い
チャージの枚数や相手のゼクスの効果(絶界やPSからの多レンジ攻撃)に左右されない

短所
攻め込んでいるゼクスを守れない
攻撃に使えない
カードアドバンテージに繋がらない

フリーカード時代から居る最古参白1イベント
効果は単純。バニラ同士の殴り合いだったら2コス上のゼクスに殴られても耐えられる。
その分汎用性が低くなっている。
注目すべきはその増加パワーであり、守れる場所も焼きや除去の届かないPSと1体からしか殴られないPS横と生き残りやすい場所の守りをより固めるカードと言える。
”これを生き残らせれば勝てる”というカードがあるデッキにおいて有効なカードであると言えそう。

・リベンジフォース
(★)ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを-2500する。 

長所
だいたいどこにいるゼクスも守れる
攻撃にも使える
たまに除去になる

短所
減少値が小さく、ケア範囲が狭い
PSにいるゼクスや絶界持ちに効かない

光壁に比べ、汎用性を増した分ケア範囲が狭まったと言えるカード
敵PS横や中央エリアのゼクスを守る場合にはこれを使うことになる。
また、攻めに使えるのも重要なポイントで、先にダメージを与えてからこのカードでとどめを刺すと相手はイベントを使うことができない。ブレイバーのような焼きを持つデッキで追加の1撃として使うこともできる。
あとケィツゥーみたくパワーを下げることに意味のあるゼクスもいる。
反面ケア範囲は大分狭く、思ったより仕事をしない場面が多い。
ガン攻めするデッキ、あるいはブレイバーのような焼きを有するデッキで強いと言えそう。

・幻のシュート
(★)ノーマルスクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、あなたのチャージにあるカード1枚につき、パワーを-2000する。 

長所
減少値が1コス中最大になり得る。8000ダウンは何かがおかしい
攻撃にも使える
除去になり得る

短所
チャージ枚数に依存するため安定しない。
IGできる回数が減る

幻のシュートの魅力はなんといってもその爆発力。1コスパワー-8000は他では絶対に成し得ない。
反面、イグニッションの回数はどうしても減る。チャージに行かずトラッシュに直接打ち込まれるようになることもよくある。
チャージ利用をするデッキと相性が抜群。チャージ3枚バルバルス+白1コストで相手は憤死間違いなし!
エンジェルデッキでもクレアシオンのために残したエンジェルがだいたいチャージにいるはずなので-4000くらいならわりと期待できる。
ただ、チャージを2枚残して動くのは上限が2枚減ってるのと同じなのでそこが悩みどころでもある。
ガムビエルが来たら逃げよう。
基本的にチャージ利用orチャージ参照のカードが入っているデッキでのみ使われることになると思われる。

・ガーディアンハート
(★)自軍エリアのスクエアにある攻撃されているゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+2000する。
(自)エヴォルシード(このカードがデッキからトラッシュに置かれた時、以下の効果を解決する。)あなたの手札にあるカードを1枚選び、トラッシュに置いてよい。置いたならば、このカードを手札に戻す。 


長所
手札に来やすい

短所
上昇幅が小さい
攻撃に使えない
カードアドバンテージに繋がらない

テキストが長い。
手札に来やすいというのはかなり大きなポイント。いくら強くても手札に無ければ意味が無いのでその点では他のカードより優位に立てていると言える。
問題点はその汎用性の低さと上昇値の小ささ。だいたいこのへんはリベンジフォースと尊大なる光壁の項でした話になるので省略。
エヴォルシードである点を利用するならベガとの相性がいい。ベガの効果で戻し、落ちたら再度回収すればいいのだ。
このカードを採用するならエヴォルシードである点を生かしてベルデレやウェアカピパラ、ベガなどの入ったデッキで運用するのがベターかと思われる。

・コンフロントオーダー
(★)あなたのプレイヤースクエアにあるゼクスを1枚選び、ターン終了時まで、パワーを+4000する。

長所
ケア範囲が最大
攻撃に使える

短所
攻め込んでいるゼクスを守れない
PS横のゼクスを守れない

新しいフリーカード冊子で収録されるカード。
まずはパワー+4000という圧倒的な数字。これは他の1コストのカードの追随を許さない。(幻のシュートは除く)
加えて攻撃時に使用することもできる。4コストバニラでサイクロトロンを割れるくらいにはパワーが上がる。
PSに置いたサジェスで相手のPSを10000で叩くような芸当も可能なので夢は広がる。
反面強化範囲がPSのみというのは辛いものがある。PS横を守れば1点防げるという状況は多く、守りたいゼクスを必ずPSに置かなくてはならないという制約がつきまとうのも辛いところ。PS横の方が攻撃回数が少なくて安全ということはよくあるので、除去がないデッキが相手ならPS横の方がかえって安全ということもある。そういう時にもPSに置かなければ守れないというのは欠点になってしまう。
このカードも光壁同様に守れば勝てるカードがあるデッキでの採用が有効。あるいはレンジ2を持つカードを採用しているならば優先的に入れてもいいかもしれない。


と、このままではコンフロントオーダーと尊大なる光壁の差別化ができていないので記事として不十分。
なのでこの2枚についてはもう少し掘り下げてみようと思う。

光壁とオーダーを比較して、光壁の強みは”PS横を守れること”であり、オーダーの強みは”攻撃に使える”こと。
なのでオーダーを採用するならばこの”攻撃に使える”ことを最大限活かせるデッキである必要がある。その理由はPS横の方が安全な場合がよくあるのにPS横をイベントで守れないというのは”守れば勝てる”カードがあるのにそれを守れないことに繋がってしまうから。そこで攻撃に使えることが生きる場面を考える。

例えば、6コス以下で10500を対処できないデッキ
6コスト10500はオロチのライン。これを対処出来ないとなった時にオーダーは仕事をすると言える。
例えば、レンジ2を採用しているデッキ
サジェスにオーダーを乗せて10000で殴れればだいたいのゼクスは落ちる。これもやはりオーダーが生きると言えるだろう。

こういった感じで、光壁との差別化を図るならこのようなことが言えると思われる。
3500と4000の差については要検証。

こんな感じ!
思った以上に長くなってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。