スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ

最近Z/X結構煮詰まってるのでブログでも書いて色々と整理してみようと思い久しぶりに更新。

第2回湘南CSと黒巫女杯に行きました。結果はベスト8とベスト16。どちらも本戦1落ちです。
予選は湘南は4-1、黒巫女は5-0と調子良かったのですがそこまでで終わってますね。トナメの厳しさを感じます。

とりあえず使用デッキ。

プレイヤーカード:フロン
復讐の魔人 ウルティオー1(ST)
戦国の華 森蘭丸3
イヴィルベインニルカンタ4(VB)
狩猟の女神 アルテミス4
日出づる国の女王 卑弥呼4
戦士の女王 ゼノビア1
聖獣オーラヘケト4(LR)

しゅほうはっしゃー!3
途惑いの少女 アリス3
強欲の天使アルティナ3
カミカミする万力2
意志のヴォロンテ2
波のヴァーグ1
混沌の大蛇 ヤマタノオロチ1
魂を結ぶ天使 リアン4
正義の女神 アストライアー2
滅獄竜 デスティニーベイン2
マッサージするトラ2
覚醒天使ピュアフロン4

これが湘南に持ち込んだやつ。黒巫女では
IN
マンチカン2
アリス1
オロチ1
ピーコク1
ベイン1

OUT
ゼノビア1
蘭丸1
万力2
ピュアフロン1
アストライアー1

と差し替えていきました。

一般にリアンブレイバーと呼ばれるデッキタイプですね。
他のレシピと大きく異なる点はしゅほうはっしゃー!の採用でしょうか。
特筆すべき点は他には見当たらないのでしゅほうはっしゃー!の採用理由について書くことにします。

まず、1コストのイベント(以下1イベ)の役割はテンポの維持とライフを守ることです。中には自分の生き物を守れる白や緑の1イベもありますがここでは割愛しましょう。
テンポの維持とは文字通りテンポアドバンテージを離さない、あるいは掴みとることですね。一番わかり易いのは後攻0ターン目でしょうか。相手がパワー5000の生き物で自分のPSを攻撃してきた時にしゅほうはっしゃー!(以下しゅほう)を打てば相手はそれでターン終了なので次のターンこちらから殴ることができます。これがテンポを掴みとるということです。

他には自分がマウントを取ってる時に相手のIGがヒットしたとして、出てきたゼクスで自分のPSを殴ってきた時にしゅほうを打てば相手の動きは止まります。相手はPSに生き物を置いてエンド。としてきたならこれはテンポを離さないということになります。
Z/Xにおいてテンポアドが重要なのは周知の事実。これを1コストでできるのはお得ですね。

また、ライフを守るということについては自分のPSが割られたあと、相手は手出しの2~3コストの生き物でライフを取ろうとした時、その生き物に対してしゅほうを打てば攻撃は不成立となってライフは守られます。ライフを守るとはそういう意味です。

で、ここまで書いてなんですがこれらのことは別にスタートカードでもできるんですよね。一応後攻0ターン目には打てない訳ですがそれでも他の役割は果たすことができます。実際、青イェーガーというデッキの流行とともにスタートカードはウルティオーから張り切るフロンにシフトされていったように感じます。
なので、実際には1イベを採用するなら先に述べた役割以上の価値を持つカードでなければなりません。

そこで注目して欲しいのが「しゅほうはっしゃー!」です。テキストは以下。

しゅほうはっしゃー! 1/赤
[☆]◎のスクエアにあるゼクスを1枚選び、5000ダメージを与える。
  □□□
  □◎□
  ◎□◎
   ▲

文字だとなんかアレですが、要は自分のPS周り1マスに対して5000火力を飛ばせます。
このカードはもちろん防御で打ってもいいのですが、攻撃するときにも打つことができます。
例えば、イヴィルベイン ニルカンタ(パワー1500)で攻撃した後、このカードを打てば合計ダメージは6500になります。これで4コストのバニラが割れますね。
他にもオーラヘケトや卑弥呼(パワー実質5500)+しゅほうで10500です。オロチに届きます。
要するに、PSから殴るときに1コストで東京奪還作戦打ってるようなもんです。
このカードを採用することで、相手が最速バニラを叩きつけてきた時、単体で割れずともこのカードを絡めて割ることができます。これがしゅほうの持つ役割「打点補助」です。
このカードを採用することでバニラ対策ができますし、ニルカンタや蘭丸のようなパワーの低いカードも無駄になりにくいです。あと、一応中央の自分のゼクスを焼いて自壊しつつもう1点狙うということもできます。場所の指定が厄介なのであまり使う機会は多くないですが覚えておきたいプレイングです。「自壊」もスタートカードにはできないことですね。

と、このように非常に多くの役割を持つため、腐りにくいです。そしてこのように多くの役割を持つことのできるスタートカードは今のところ存在しません。
あと、スタートカードはアヴィオールに対して無力です。流行っているデッキタイプが青イェーガーということでアヴィオールは必ず入ってきます。青イェーガーの対策、そしてウルティオーを切ることの意味を考えたらスタートカードで対策よりは手札に抱えるイベントの方がいいかなと思い採用に至りました。
まあ、引けないと使えないんですけどね。そこは3枚入れてるんで1枚は引けるだろうという希望的観測です。その点、破壊さえしてくれれば必ず打てるスタートカードが強いとも言えますね。そこは一長一短あるということで一つ。

久しぶりにブログを書いて満足したのでこのへんで終わりにします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。